1.  >
  2. バーチャル工場見学

バーチャル
工場見学

工場を見学する

  • 1工場の紹介

    かねふくの博多工場は福岡市東区にあります。
    創業以来この場所で辛子明太子を造りつづけています。

  • 2工場入室

    工場内にも複数個所の手洗い機器を設置しており、
    スタッフは一日に何度も手を洗います。

  • 3解凍・洗浄・粗選別

    原料は、毎年かねふくの専門スタッフが
    厳しい目で選んだものだけを海外から買い付けています。

  • 4漬込み・回転機

    明太子の味が決まる大事な工程です。
    塩漬けした「たらこ」を唐辛子調味タレで味付けしたものを
    「辛子明太子」とよびます。

  • 5選別・異物除去

    スケトウダラの卵はとてもデリケートなので、
    作業の機械化ができません。
    手間のかかる選別作業はたくさんのスタッフが
    手分けをして行っています。

  • 6調味・熟成

    綺麗になった「たらこ」を調味タレに漬け込みます。
    かねふくの調味タレはマイルドななかにも
    ピリッとした辛さで飽きのこない味付けが特徴です。

  • 7大きさと種類

    スケトウダラの年齢、生息場所、エサの種類などで
    卵の大きさや色もさまざまです。
    かねふくは、どんな大きさの原料を使っても
    味を均一にする独自のノウハウがあります。

  • 8品質管理

    かねふくでは商品検査を厳しく行っています。
    検査だけでなく、毎日の試食も欠かしません。

  • 9計量

    熟成され味付けが終わった「辛子明太子」は、
    再度選別されたあとに計量されます。
    「はかり」の日常点検は欠かせません。

  • 10整形・箱詰め

    最後に商品規格に合っているかをチェックして
    箱詰めします。

  • 11梱包・発送

    お客様の注文伝票を確認しながら
    一つ一つ丁寧に発送箱に入れています。
    「めんたい通」の商品は、博多工場から直接お届けします。