めんたいこ物語(雑学編):韓国のミョンテについて。韓国では昔、助惣鱈を明太(ミョンテ)といいました。


めんたいこ物語
トップページ

前のページ 次のページ
雑学編 第7話 「韓国のミョンテ」
 


昔から中国がアジア文明の中心であり、近隣諸国では
文字を持たずに漢字を借りて使用していました。
日本では、平安時代(794年〜1192年)に平仮名の前身が
登場しますが、朝鮮半島では15世紀頃にハングル文字が発明されました。
韓国でも以前は日本の漢字・仮名混じりのように、
漢字・ハングル混じり文で表していました。
愛国心の高まりとともに1970年代より自国の文字は
自国の文字でという事で、すべてハングル文字になりました。