めんたいこ物語(雑学編):「博多名産」と「博多名物」?


めんたいこ物語
トップページ

前のページ 次のページ
雑学編 第2話 明太子の発展


第二次世界大戦までは、樋口商店の明太子は、朝鮮半島はもとより、関釜連絡船で、下関を経由して東京築地をはじめ、日本全国で売られていました。しかし終戦とともに、廃業しました。

戦後、朝鮮半島より引き上げて来た人が、この味を忘れられず、再現しようと、福岡・山口県を中心に明太子屋を始める様になりました。
この再現された味が日本中へ広がっていきました。

めんたいこ博士コメント